練習用に最適な印材:賀藍石

「賀藍石(がらんせき)」とは、印鑑の土台部分である印材に使われる石材です。 半透明な灰色をしています。 石材には実際の硬さだけでなく、粘り気といったものが関係してきて、彫りやすさが決まりますが、賀藍石は硬さはほど良いものの、粘り気は強く、大きいものであるほど彫るのには技術がいるかもしれません。

そもそも印材で石材を使うことは、日本ではあまり一般的ではありません。象牙や牛角などといった動物由来の印材が好まれ多く使われています。
それらもまた動物由来ですから、その模様だったり、艶・光沢の違いなどにこだわる人は多いものですが、中国ではそれを更に楽しんでいます。

天然石ですから、もちろんその色が多種多様であることは分かりますが、その他にも硬さだったり、手触りだったりとたくさんの面で表情が多彩です。
なおかつ、中国の印鑑は虎だったり龍だったりをかたどって彫刻された印鑑も多く、彫刻として楽しむこともできます。そのためコレクションとして集める人も多数います。

日本では印鑑とは実用的なものですから、それを見て楽しんだりといった文化はあまり馴染みないかもしれませんが、中国印鑑では更には手で撫でて楽しむといったことも一般的にされています。

上記にあるように、手触りもまた様々であるため、手択(しゅたく)と呼ばれる「掌の中で撫で育てる」といった楽しみ方もあります。

古くから伝わる印材などでは、継いできた持ち主たちによる手択のために、その装飾などが摩耗してしまっているケースもあるそうです。

お勧めサイトのご紹介